障害年金の認定

怪我をしてしまったりすると、一般的な働き方ができなくなってしまったりすることで、生計がうまくいかなくなってしまうことも出てきます。
やりくりができなくなってしまえば、怪我を負っている以上、さらに苦しい生活が待っていることは、容易に想像ができるでしょう。
そんな状態になってしまった時に、障害年金を受けることができることがあります。

怪我や病気によっては、死を覚悟するひとさえいます。
実際に、社会保障ということを考えれば、怪我をしたり病気になってしまったりしたからといって、命を縮めるような社会であってはいけません。
そこで、厚生年金保険、国民年金、共済年金には、公的年金の一つとして、老齢年金や遺族年金と並び、障害年金が利用できるようになっているのです。
この年金の性格としては、高齢者向けというよりは、働き盛りの若年層をターゲットにしていると考えることもできるでしょう。

対象となってくるのは、かなり広範囲の傷病になります。
対象外となるほうを考えるほうがいいといわれるほど広く、障害人的基準対象外とされるのは、単なる高血圧や慢性肝臓疾患、疼痛、加療による胸郭変形、臭覚脱失などごくわずかです。
その中には、人格障害や神経症が含まれていますが、これは認定が難しいというだけで、症状によっては認定されることがあります。
細かいところですが、自律神経失調症は除外項目に記載されていません。
しかし、対象外となっている点に注意が必要でしょう。

便利ではあっても、認定にはわかりにくい点があるのも障害年金です。
申請する場合に重要となる情報を記載してありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。